컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

三思海上公園&漁村民俗展示館

三思海上公園&漁村民俗展示館 詳細情報

観光地名

三思海上公園&漁村民俗展示館

の位置

圏域

TEXTタイプ

内容

企画のも

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

동영상 오디오

추천테마여행 메인이미지






三思海上公園&漁村民俗展示館

海に恋焦がれる切なさ-三思海上散策ロード
淡くない余韻と海に飛び込まずとも海を体中で感じられる、海の散策の趣き-

三思里…国道7号線沿い-南から北上して行くと「三思海上散策路」の標識があり、2、3ヶ所ある進入路があるこの場所は、「海に恋焦がれる切なさ」という表現が合うようだ。
ホワイトチョコレートを口に入れようとした瞬間、口のなかに甘さがぱっと広がり、体中に広がるように、、床に透明なガラス窓があり、海底が覗き込めようになっており、まるで海中を散歩するような気分が味わえる。
灯台とビーチパラソル、スナックバーと異国的な雰囲気の展望デッキに沿って、ゆっくりと散策路を歩いてみる。
淡くない余韻と海に飛び込まずとも海を体中で感じられる、最高の海の散策が楽しめる-三思海上散策ロード



蒼い海を歌う三思のコダマ-三思海上公園
あたかも「広場」のアウラと出会う場所-「蒼い東海の気性を抱く」海上公園-
海の懐に似て、全てが広々としていて、胸もすっきりする。
アカシアの香りが芳しい東海展望台-三思海上公園は、展望の余興を加えるため、あらゆる装置が完備した所だ。



盈德の第一関門-大学の正門のようなフォースの入り口を通過すると、最初に出迎えるのは「以北道民 望鄕塔」。ウキウキした気分を少し落ち着かせ、ゆっくり東海を楽しむ心の準備をする所だ。
「慶北に居住する以北道民たちの精神的支えとして、泥塔から心を一つにしてここに集まり、恋しい故郷を後にしてきた離散家族のために、故郷を懐かしむことができるシンボルとして、1995年に建立」南北統一の念願を刻む文字を前に、しばし粛然とした態度で鑑賞してみる。
裏手にある小さな「武功受勲有功者碑(1998.5.8.)」も見た後、広々とした三思海上公園の広場に出る。
三思はこの地域の地名、三思里からとったもので、新羅時代、この村で一つの家で三人の侍郞という役職を任され、三侍郞村と呼ばれたのが由来となった。


どこに車を止めても右手は東海、左手は便宜施設(食堂街、コンビニ、宿泊&遊興施設)だ。
アカシアの香りが芳しい東海展望台-三思海上公園は展望の余興を加えるため、あらゆる装置が完備している。
大きくて広いため、これらが全て可能なのだ。
東海の眺めと共に右側に東海に向かって広がる大公演場-ここでは寧海別神グッの定期公演と盈德のストリートパフォーマンスが常時行われている。
散策路沿いには散策マダンを取り囲む東屋と森があり、東海に向かって詩調でも一編詠ってみたい衝動にかられる。
和合を象徴する太陽の円と緑、青、赤色の三色で東海の紅い気運となり、広まっていく形状の三思海上象徴塔、そして目につくもう一つの文学碑-河山 金漢弘(1877-1943)先生の海遊歌の碑文だ。


海遊歌の感懐を東海の海にひっそりと放して、もう一度上を向いて歩いてみる。
天下一品の花模様の御座、花紋席と慶北大鐘、人工の滝など造形物が残っているここは、MBCドラマ「あなた、そして私」のロケ地だが、今は大きな食堂だけが丘の上に残っている。
三思海上公園は規模が大きいにもかかわらず、テーマが若干明確でないのが欠点だ。
地元の住民のための近隣公園施設と、観光客のための観光団地施設が入り交じり、統一性のない面が目につく。


あの時、あの時代を知っていますか?-盈德漁村民俗展示館
子供たちは海の中を流泳する魚になったり、指先一つで無尽蔵な海の情報を検索することもできる。
ズワイガニの種類の多さに改めて驚き、盈德ズワイガニの貴重さを今一度確認して、江口に向かう道に進む。


三思海上公園のバラバラになってしまった気と愛と知をまとめて昇華させた所、そこはキニとトリが嬉しそうに出迎えてくれる「漁村民俗展示館」だ。
中に入ると、そこは船のデッキのある三階になっている。乗船する気分で二階に下りてみる。
これで驚いていてはいけない。
最初は盈德と海に対する博物館並みの情報量の多さに驚き、二番目は本当に海中にいるような涼しさに驚くはずだ。
東海の眺め、そして海に関する情報に目を休める暇もないから、深呼吸をしてから入った方がいいだろう。


仲よくなる第一段階「盈德をきちんと知る」


二階全体は「盈德の美しさ」がテーマで、盈德漁村の暮らし&衣食住&遊び、文化&漁村活動、祝祭(別神グッ)と造船(製作過程)など、言葉では伝え切れない盈德の人々の暮らしを総体的に集めた所です。
一番最初は昔ながらの漁船3隻が出迎えてくれる。
セクターごとに見て回りながら「自分で造る漁船」製作体験も見逃せない。
盈德は儒教文化と漁村文化が融合し、一つの独創的な固有の文化として定着してきた所で、特有の文化遺産が多い。
東海を眺めながら一階に下りる道は、盈德の歴史が展示されているギャラリーだ。
左手には江口港がそのギャラリー展示場の片隅を埋めつくしたメインテーマとなり、視野いっぱいに広がる。


仲よくなる二段階「盈德を体中で感じる」


一階は「盈德、漁村を展示する」テーマで港と地形、漁種とズワイガニの生涯がセクターごとに展示されている。
子供たち必見の体験コース-「海の航海バーチャル体験」と「ズワイガニ体験」が一階にある。
特にズワイガニのバーチャル体験は、底が水中で動き回るカニを全身を使って捕まえるゲームで、盈德の漁村民俗展示館ならではのお楽しみ。
一階を全部見終わったら、一番最後に3D立体映像館を観覧するのもいい。
ズワイガニと一緒にリアルな海中の冒険が楽しめるし、その次に「魚類化石展示室」を回れば、一階の観覧はおしまいである。


仲よくなる三段階「盈德(海)にハマる」


地下一階… ここでは、窓越しに広がる東海の海を眺めながら、疲れた心と体を解き放ち、ゆったりとした気分になれる。




フォト