컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

愧市里の伝統村 & 牧隱李穡記念館

愧市里の伝統村 & 牧隱李穡記念館 詳細情報

観光地名

愧市里の伝統村 & 牧隱李穡記念館

の位置

圏域

TEXTタイプ

内容

企画のも

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

동영상 오디오

추천테마여행 메인이미지






心あたたまる学者村をゆく

愧市里伝統村

黄土色の光が反射する土の道沿いに200年
    宗家古宅が古びた饗宴を奏でる
    母の実家…古びた時間…蓮の香りにあふれた黄土のすくい網に
忘れ去られた過去の文豪の思慮深い詩句が漂う…

足の向くまま寧海面の所在地から北側の海岸方向に1キロメートルと少し、愧市里に至ると村の前に広がる多くの蓮の花の宴と、見るからに古び、過ぎた年月を語りかけるような2本の古木が暖かく迎えてくれる。
黄土の光が反射する土の道にそって続く、200年あまりの伝統の古家屋が軒を連ねたこここそが、
愧市里伝統村だ。
村内を導く、長い瓦と土の壁。足を止め、一軒一軒覗きながら回ればいつしか心も体も朝鮮時代後期に染まっていく。
ここは道庁と盈德郡が共同で伝統村の指定をし、復元や修理を施しよく保存されており、昔のままの村の美しさを見せている。
今も人の住む家が半分で、文化財の指定を受けて原形のまま保存されている。400年あまりの間英陽南氏が先祖代々住んだ家々の跡で、氏族村である。



また、ここは高麗末期を代表する忠臣、三隱(牧隱、冶隱、圃隱)のうちの一人である牧隱李穡先生とも縁が深い。
高麗 恭愍王8年の時、牧隱李穡先生は、元に留学して帰国の途で立ち寄った中国の毆陽博士坊の槐市村と、故郷(当時は濠池村)が似ていると思い、それ以降は「愧市」と称したという。[参照: 盈德郡]
高麗末期、李穡先生の母親の実家が初めて入居して以来、いくつかの宗氏が住んだが、仁祖8年1630年から英陽南氏が初めて定住し、次第に氏族村を形成しその後380年余りの時が流れた。



伝統村の住宅様式は朝鮮時代後期、嶺南地域、士大夫家の原型そのままを受け継ぎ、文化と礼節もまた伝承されているという。
村の中心的な位置にあり、300年が経った嶺南南氏の愧市派宗宅をはじめ、 台南宅、靈隱古宅、勿小窩古宅や書堂など多くの宗宅と書堂、東屋など合わせて14点の国家及び道指定の文化財資料があるため「文化財村」とも言える。
李穡先生の誕生地を記念した「牧隱李穡記念館」と追悼碑、そして一般伝統家屋も自然と混じり合い、ある時期の古い士大夫家村の形を元のまま大切に保存している貴重な泮村である。



南斗遠公より始まる英陽南氏の愧市門中は長男の鵬翼が大科に及第したのち官吏を務め、その後も文官が続いた。嶺南儒林でも優れた学者を輩出し抗日救国活動を助けた独立運動家たちもいた。
模範的な伝統の氏族村、盈德の愧市里伝統村である。


歴史の中での歩み-牧隱李穡記念館&稼亭牧隱両先生遺墟碑

村を囲む丘の高みに、ついに牧隱李穡先生の記念館(2006年6月)と銅像、そして八角東屋が現れ、彼の生涯とその思想に出会えた。
高麗末期の忠臣、人文学の源流大学者、高麗末期の宰相、大思想家、不事二君の忠節など数多くの修飾語の主人公である牧隱李先生!
彼が産まれた地であり母親の実家でもあるこの地で、彼の生涯と思想の深い足跡を胸に深く刻もう。


ホジマルフェスティバル

毎年秋には寧海面事務所(盈德文化院)主催で「ホジマルフェスティバル」が開かれる。
郡守の籠乗りなど伝統婚礼体験と韓屋体験、小学校を出発し愧市里に到着という牧穏登山路での登山大会など愧市里村最高の行事であり、毎年9月末10月初旬に開催される。
もちろん古宅での一泊は、かすかな香りに包まれてゆっくりと休むことができる!



フォト