컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

申乭石将軍遺跡地&生家

申乭石将軍遺跡地&生家 詳細情報

観光地名

申乭石将軍遺跡地&生家

の位置

圏域

TEXTタイプ

内容

企画のも

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

동영상

추천테마여행 메인이미지






申乭石将軍遺跡地&生家

血で守ってきた地で将軍の魂を奉る!
どんな気概と度胸が幼い自身をこの大きな大意に導いたか?
「背は5尺6寸で体格は肥大で顔は大きかった。
肌は黒く、顔には天然痘の跡がたくさん残っていた」
彼の容貌に関する短い記録だ。
若い血気のせいと言うには、その組織力と言い、緻密さと言い、ずば抜けていた。

申乭石将軍の生家


丑山面道谷2里のマウル会館の前に着くと、石の井戸が並ぶ小さな藁ぶきの家2軒がある。
平民の子という修飾語をつけて育った申乭石。
しかし、当時の身分制度における「平民」という二文字は、申乭石という人品には役不足だった。
幼い頃からその明敏さで人並みならず、文字を習い、暇を見つけては文法を学び、武芸を磨いた申乭石は、
国が危機に瀕すると、心の奥から沸き上がる憂国の情を押さえきれず、義兵を組織する。
彼の年、19才の時だった。


彼が義兵を起こしたという知らせを聞いた父親は、田畑を全て売り払い、息子を支援した。
故郷の寧海で100名以上の義兵を起こして立ち上がった申乭石は、解散と没落の危機に瀕しながらも、再び古巣から羽ばたき、組織を糾合した。
平民出身だったため、利点もあった。
寧陵義陳に農民や猟師、賤民たちが大勢参加し、翌年の1907年には三千人の兵士を率いることができたことから、彼が平民出身だという点がメリットとなった訳が分かる。
英陽、寧海、栄州、蔚珍で、さまざまな攻撃と交戦において勝利した。
申乭石部隊は軍律が厳しく、国民に迷惑をかけることがなく、行く先ごとに歓迎され、著しい成果を上げた。


神憑りな将軍、申乭石にも危機が訪れた。
妻子が捕らえられ、日本軍が次第に討伐を強化してくると、兵士が少しずつ倒れる危機に瀕する。
1908年にいったん解散を宣布し、隠居することになるのだが、、
隠れ家とした場所で賞金に目がくらんだ仲間に密告され、無念にも死を迎えることとなる。
享年30才だった。


「楼閣に登った旅人は行く道を忘れ

落木が横たわった国を嘆く

男児二十七歳に何を成し遂げたのか

不意に吹く秋風に感慨をもよおす」


申乭石将軍遺跡地

彼の遺骸は、ソウル国立墓地の愛国者の墓に安置されている。
1999年になってようやく、彼を記念する申乭石将軍記念館と遺跡地が、丑山面道谷1里(生家の跡と国道7号線の間)に建築されることになった。


遺跡地には将軍の魂を奉る忠義祠と東斎・西斎があり、忠節精神も体験できるし、毎年6月には華林亭で将軍の精神を称えるため、申乭石将軍杯の全国男女弓道大会や盈德郡主催のイベントも開催される。
危機に瀕した祖国の現実を憂い嘆き、若年にもかかわらず自ら兵を起こし、激しい日本帝国の弾圧に真っ向から立ち向かった憂国衷情の青年隊長、申乭石…
桃の花、空の下で咲ききれず、その青春の魂、憂国の恨みが春の雪となってばらまかれる。




フォト