컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

仁良里伝統村&ナラゴルポリマル体験学校

>推薦・テーマ旅行
>歴史文化ツアー
>仁良里(インリャンリ)伝統の村

仁良里伝統村&ナラゴルポリマル体験学校

仁良里伝統村&ナラゴルポリマル体験学校 詳細情報

観光地名

仁良里伝統村&ナラゴルポリマル体験学校

の位置

圏域

TEXTタイプ

内容

企画のも

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

동영상

추천테마여행 메인이미지






夢の農村韓屋村、仁良里伝統村と麦の波が踊る農村伝統テーマ学校-ナラゴルポリマル体験学校

ナラゴルポリマル体験学校の一日

盈德の農村伝統テーマ村、ナラゴルポリマル体験学校に入城した。
テーマ村精米所、会議室、別棟、ワンルーム型家族室など様々な施設が完備され、この体験学校では、古宅探訪やお茶菓子作りなどのような伝統体験、麦踏み、麦の収穫、キリギリスの家作りなど、生きた農村が体験できる場となっている。
キャンプファイヤー、ユンノリ、運動競技ができる広い運動場があり、まるで修学旅行に来た気分だ。
私たちが泊まるワンルーム型家族室はきれいな学校を借りて、合宿に来たようだ。
幼い頃、学校の廊下で飛びはねて遊んだことが思い出される。
楽しい食事の時間-体験学校1階にある食堂は清潔でバイキング式、 一人当たり5000ウォンだ。
何よりも化学調味料を使わないヘルシーな献立が気に入った。
健康にいい農村に来て、まず体を贅沢させる。
都会を離れ、盈德の澄んだ空気と一緒に食べる朝食は、最高のごちそうだ。



春には麦踏み、碑石打ち、春のナムル掘り/ 夏にはトウモロコシの収穫、海体験/ 秋にはリンゴ狩り、稲刈り体験/ 冬には散策登山路、凧上げ、古宅体験などができ、薪割りと自転車乗り、地域文化探訪、茶道体験、藁工芸などは一年を通していつでも楽しめる。



今度はポリケットック(麦餅)作り体験- 自分の好きな形に作ってみよう~
体験プログラムを一緒にやりながら、互いに理解を深め、近づけた感じ。
ああ、蜂蜜のようにおいしい。いいえ、良い薬のようなナラゴルポリマルでの一泊二日だった!



農村の美しさと古宅が調和し、学者の息遣いと門の香りが今も流れているここは、高麗時代以後、八つの氏性 十二の宗家が居住し、碩学と有名な人物を多く輩出した伝統ある貴族の村だ。
古宅中心のさまざまな文化財と共に、自然を友として暮してきた我々先祖の暮らしの足跡と、先賢たちの暮らしを精神が溶けて流れる、、、
その中に秘められた歴史を尋ねてみる。




仁良里伝統村

仁良里伝統村にたどり着くと、一番最初にうっそうと繁った木々が群落を成し、まるで巨大な天幕を取り囲むかのように村の入り口を庇護する八風亭が出迎えてくれる。
村の精気が並々ならないという感じを、村を見回る前から感じさせる。
伝統と現代が共存する村-500年以上経った宗家の家々、八つの性氏以上が暮してきたところだから、、
重要民俗資料第168号である忠孝堂以外に7点の文化財-龍巖宗宅、葛庵宗宅、晩槐軒、江坡軒正寢、知足堂、三碧堂、愚溪宗宅-を中心に現在まで保存状態がいいのが特徴だ。
特に1400年代から1700年代の間に築造された「口」字型構造の伝統家屋が20軒以上もあり、ここでは珍しいㄷ字型もある。
このように仁良里村は幾つかの性氏が一緒に高麗時代以後から現在に至るまで有名な碩学と人物を多く輩出した、伝統のあるたいへん珍しい貴族の村だ。
安東からこの村の載寧李氏の門中に嫁いだ鄭氏婦人が子供を育てながら暮らした紫雲亭と、鄭氏婦人を主人公にした李文烈の小説「選択」の舞台にもなったのがここだ。



仁良里 八風亭伝説 -八妖怪物語

仁良里の入り口にある八風亭は、仁良里村を守る守護神だが、この大きなケヤキの木にまつわる伝説は世にも奇妙でおもしろい。
昔、仁良里には八鈴神という八人の妖怪が住んでいたそうだ。
この妖怪たちが一回ずつ鈴を鳴らすと、必ず村人が一人ずつ何の理由もなく死んだと云う。
特に新たに赴任してきた府使は、必ず原因不明の死に方をしたので、この村には誰も赴任しようとしなかった。
そんな中、易東 禹倬先生が寧海府使として赴任して来た。
易東先生は易を知り、天機を司り妖怪たちと勝負に出た。
強力なお札-麦の青汁で妖怪たちを退治し、七人の妖怪を海に落して始末し、残りの妖怪一人に観漁台を守らせて、そこで祭祀を奉らせたため、その後仁良里には平和が訪れた。
その時から仁良里には、妖怪を封じ込める麦を植えるようになったという。
以前、蒼水面仁良里平野は、麦の穂が波打つ慶北最大の麦の生産地でもあった。





フォト