컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

風力発電団地&新リサイクルエネルギー展示館

>推薦・テーマ旅行
>ブルーロード
>ブルーロードAコース

風力発電団地&新リサイクルエネルギー展示館

風力発電団地&新リサイクルエネルギー展示館 詳細情報

観光地名

風力発電団地&新リサイクルエネルギー展示館

の位置

圏域

TEXTタイプ

内容

企画のも

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

추천테마여행 메인이미지






風力発電団地&新リサイクルエネルギー展示館

風力発電団地 "太陽、水、風について東海に立つ"
太陽と海と風、この3つの好条件以外に、東海で私たちがこれ以上願うことはあるだろうか?
ブルーロードを代表する盈德の海岸道路で見る、ある眺め、
どこにでも吹く風だろうが、この風の本当の姿を知り
風の歌を正面から聴くことができる、一番いい場所がここだと思われる。

あっちもこっちも、みな風だ。
あまりにも膨大で、あまりにも広範囲で、あまりにも心地よいので、こんな名前をつけるしかなかっただろうが、
もし、私にここに上って名前をつけろと言われたら、私はおそらく「風の頂上で出会った風車庭園」という少し感傷的な表現を使っただろう。


太陽と海と風、この三つの好条件以外に、東海で私たちがこれ以上願うことはあるだろうか?
ブルーロードを代表する盈德の海岸道路で見る、ある眺め、
어느 곳이든 이 셋을 다 만날 수 있다 해도,
どこででもこの3つに出会えると言ったとしても
風の本当の姿に出会い、風の歌声を正面から聴くことができる場所はおそらくここが一番だと思われる。
24基の風車(風力発電機)と立ち向かう盈德の風、
太平洋発の風が盈德の風車の上で踊りを踊るような風景とは、、
ここに来れば心が満たされる、そんな場所がたくさんある。
チャンポマル灯台の下の海辺を指すヘマジ公園の散策路を通り、海岸道路を経てゆっくりと上がって行くと、盈德風力発電団地にたどり着く。
24基の風力発電機がきちんと均等に並んで回っているここは、新リサイクルエネルギー展示館とヘマジキャンプ場、
10機以上の空軍趙廷機が展示されている航空機展示場とサッカー場(夜間照明施設完備)、野外公演場などが広大な土地に仲良く配置されている。
それぞれの特色を生かし「風の庭園」、「空の庭園」、「風車公園」、「子供公園」などが親しみのある名称とその名にあったスタイルで造成され、ステキな風の散策路となっている。
また、ここは尹善道をはじめ、申得淸、李有憲歌辭文學碑まであり、盈德の代表文化を一つにまとめる巨大な文学庭園でもある。
敷地内に入ると一番最初に気品と魂がこもった孤山尹善道詩碑が目に入る。
満月の夜に行われる東海岸の夜間月見トレッキングが、かの昔の先賢たちの感興を数百年後に再現すると誰が思っただろうか…



申得淸歌辭文學碑


新リサイクルエネルギー館を通り過ぎるとここでもう一つ詩碑がある。
申得淸歌辭文學碑ー歷代轉理歌
申得淸は高麗時代の忠粛王の時、蒼水面仁良里で生まれ、平山府院君まで勤めた人物で
高麗末「歷代轉理歌」をつくり王に捧げたが、結局高麗の滅亡を迎えることとなる。
彼が残したこの歷代轉理歌は韓国文学史において、歌辭文學作品の嚆矢として再び注目され、彼の憂国衷情とともに褒め称えられている。



ヘマジキャンプ場


風力発電団地の頂上に向かって行くと左側の山26番地、6.8キロメートルの敷地にそれ自体が絵のようなヘマジキャンプ場-
日の出と日没が美しい眺めを成すここには、タンクローリーの形をしたカプセルハウス10軒と2台のキャンピングカー、テント10体を張れる野営場が海と空が見える見える風景が広がる。



新リサイクルエネルギー館


ほんの少し心に余裕をもって、風と空と様々なエネルギーに向き合える場所、
見どころ満載で特別な体験もできるエネルギー天国ー
新リサイクルエネルギー展示館を一回りしてみよう。
入り口の右側に入るとタッチスクリーンがあり、指先一つで観光地情報が高画質スクリーンに映し出される仕組みになっている。
入り口を過ぎると様々なテーマのエネルギーが展示されている
7つのテーマで紹介される様々なエネルギーセクター…
遠い昔、本で学んですっかり忘れていたエネルギーのことを新たに思い出させてくれる。
エネルギーに対する理解を深めながらミッションを遂行するという、身近にエネルギーに触れることのできる。
2階に下りるところに、太陽熱を利用した菖蒲足浴体験コーナーがあり、菖蒲湯に足をつけて足の疲れをとることができる。
エネルギー天国で再充電して元気をもらったら、団地内の残りの施設も思う存分回ってみよう。





フォト