컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

三思(サムサ)海上公園

ホーム
>観光名所
>公園
>三思(サムサ)海上公園

三思(サムサ)海上公園

관광명소 메인이미지

  • 三思(サムサ)海上公園 簡単紹介
三思(サムサ)海上公園

休日

区分

Z002

お問い合わせ

82-54-730-6790-6

所在地

- 江口(ガング)面 三思(サムサ)里

座席数

営業時間

~

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

の概要

東海の澄んだ精気が漂う三思(サムサ)海上公園は、清浄海を一目で眺めるのみならず、周囲の景観が美しく、週末はもちろん平日も家族連れ行楽の人々が並ぶ。以北5道民の望郷の悲しみを癒すために95年に建てられた望郷塔と慶北改道100周年の記念事業である慶北大鐘、公演場と滝とその他の便宜施設が設置されている。ここで1997年1月1日に初めて開催された"日の出祭り"​​は、新年の願いを祈願する人々で大盛況を遂げ、この行事は、毎年開かれており、続いてもう一つの文化祭として位置付けられている。


面積
430,000m2

漁村民俗展示館
- 設置の背景:盈德(ヨンドク)ズワイガニと漁村の歴史をひと目で見ることができる漁業の生きている教育場所で慶尚北道内では初めて作られた。
- 施設の現況:地下1階、地上3階(敷地8,250 m2)
- 展示内容:伝統漁具、漁船の制作過程、海底地形、港体験、盈徳漁村の100年史
- 開館日:2005年12月9日
- 入場料:大人1,500ウォン、学生800ウォン


慶北の大鐘
- 設置の背景:慶北改道100周年を迎え、民族の念願の祖国統一と民族大和合を祈願して21C環太平洋の時代に世界に伸張して行く新慶北の未来100周年の繁栄をお祈りして300万の道民の大きな志を込めて新世紀の誕生を知らせる象徴的な力を付与するために製作された。
- 竣工日:1998年1月5日
- 施設の現況 : [敷地]2,410 m2、[建物]66m2(十文字型星回り瓦家, [大鐘径]2.5m、[高さ]4.2m、[周囲]7.84m、[重量]約29t
,[表示]新羅の聖徳大王神鐘(別名 エミルレジョン)倣い
- 製作の趣旨 : リューズには龍を視覚化、売春宿はネグンデ乳頭36個(アホプゲシク四季折々1年を意味する)、郭の下代金部は、文化芸術の故障慶尚北道を象徴している飛天像と豊かな実りのピョサンインリンゴを持った天人像セギョトゴ、相手と下大には、統一新羅時代の代表的な梵鐘(補償唐草紋)の模様を彫刻。下大(ゴンヤンサン)鐘閣には、ドモクインケヤキ、ドファインサルスベリ、道場の外里と協賛社である浦項総合製鉄株式会社の景色を刻んで慶北道民すべての願いを込めていることをサンジンケする。
- 関連イベント: 毎年1月1日に開かれる日の出祭りと連携して除夜の鐘を33回打鐘することで、祖国統一の念願と世界に広がる慶北道民の雄志を深めるきっかけにしている。
交通のご案内
浦項(ポハン)方面7番国道利用の浦項(ポハン)で約50分(※盈德から浦項(ポハン)の方向に10分の距離)

利用情報

レストランの雰囲気 :
伴う固有の分類 :
駐車施設 :

付加情報
付加情報
ご予約 カードの使用 食品包装 喫煙可能 サービス料 トイレ
可能 不可能 可能 不可能 不可能 不可能