컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

ブル-ロ-ド Aコ-ス(江口港~ヘマジ公園)

>推薦・テーマ旅行
>ブルーロード
>ブルーロードAコース

ブル-ロ-ド Aコ-ス(江口港~ヘマジ公園)

ブル-ロ-ド Aコ-ス(江口港~ヘマジ公園) 詳細情報

観光地名

ブル-ロ-ド Aコ-ス(江口港~ヘマジ公園)

の位置

圏域

TEXTタイプ

内容

企画のも

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

동영상

추천테마여행 메인이미지






歩くだけで若返る東海でウォーキング

海を夢見る山道、光と風の道 ‐ 第1コース!

>歩くことはその地に住む人やその地を旅する人々と共感し、
暖かい心を分かち合うことだ。
今、自分が歩いている道の名や位置、
風景などに関係なく
今自分がここにいる事、この道を歩いている事、
それ自体に価値があることもある。


歩くことは自然の速度を生きることだ、とある人は言った。
盈德のブルーロードは、盈德について知り、理解し、感じ、親しむためには盈德のブルーロードを歩くのが最適で、あなたの心深くに盈德を刻むことができるだろう。
江口港‐ズワイニガニ街を出発し江口教会側の道へ、そして港を背にして高不峰の道へ登る。
深呼吸と共に向きなおり、眼下を見下ろせばそこは'江口村'だ。
視線をめぐらせるとそこには三思公園がぽつんと見える。
少し歩いただけでも足元に広がる風景は素晴らしい。
さあ、立て札に沿って足の向くまま、どんどん歩を進めよう。
岩はないが、やはり山道は山道だ。
ある人はこう言った。細道は足に負担のかからない最高の山歩きだと…
金津道路を過ぎ、江口港と防波堤、三思海上公園まで見渡し、峰火山の頂上とトレーニング施設を起点に見回して松の木陰のベンチでしばらく休むと、素晴らしい松の香の精気に全身が包まれる。
本当のフィトンチッドに出会う。
こうやって1時間くらい歩いたかな・・・
金津道路を流れる架け橋に出会う。
架け橋から高不峰までの道も大差はないが、休みなく登り降りを重ねる道で、ゆるい傾斜が歩くのに最適な道であることは確かだ。
休みなく、ただ無念無償にさせる道、
分かれ道もあまりなく、道しるべもきちんと整えられており怖くはない。
ただ穏やかに松森の誘いに導かれ、第二の経由地高不峰に出会う。
華林山と蕪芚山の山並みが伸びて出来た高不峰は、235mの高くない峰だ。
以前は望月峰とも呼ばれていたここは、東に風力発電団地、西に五十川と盈德邑内が、それこそ一望にのぞめる。
それだけではなく、南には江口港と更に東大山とそれに続く山並みまで、並び立つ山々そのものが一望でき、視界360度に果てしなく 峰の眺めが広がる 。
孤山尹善道も盈德に流刑された後、高不峰に登って吟じるには…。


峰の名は高いのに / 高くないという高不峰を
みな怪しいと言うが / 立ち並んだ峰の中で一番高く抜群に優れている
どこに使われるために雲の上の月に向けて / 孤独にもの寂しく高く聳えているのか
いつの日か良き時代に巡り会い 使われる時が来るならば / 天を支える柱となるだろうに」


高不峰から風力発電団地の道に沿って山を降りると、これからはややきつい林道が続くが日陰があまりなく、真夏にはかなり疲れる。
林道の途中、目に入る東屋が休んで行けと誘うだろう。
林道に沿って少しずつ進むと盈德邑と下渚を結ぶ国道に出会う。
再び国道に沿ってアスファルトの道を少し下ると、左側に風力発電団地につながる林道が現れる。
ここから風力発電団地までが7.5キロメートルだ。
歩くことだけが心と体を癒す最も自然なことである。
美しい花々があちこちからウインクをしてくる場所まで来れば、風力発電団地が近づいてきたという印で、ここまで来れば、歩いて来た林道は約5キロメートルにもなる。
風力発電団地に差し掛かるとすぐにヘマジキャンプ場だ。
独特な宿泊棟が素敵で、空の下に広がる色とりどりの愛らしさに、しばらくは目が釘付けだ。
別畔山烽火台
ブルーロードの道では二つの烽火台、1区間の別畔山烽火台と3コースの大所山烽火台に出会える。
烽火台の向こう側には山腹に白い半円形の野外公演場が見える。
満月が浮かぶ夜、開かれる小さなコンサートをはじめ、山と海を歌うハーモニが繰り広げられる。
さあ、風力発電団地の軌道の中心部へ進入する。
外観からもエネルギーの無限の力が湧き上がる、新リサイクルエネルギー展示館。
3階建ての展示館が一つの巨大なエネルギーの天国、未来クリーンエネルギーの時代に先立ってお目見えしている。
様々なエネルギー天国でしばし気運を引き立て、エネルギーのツアーを楽しんで見る。
溌剌とした気運を相次ぎ引き立てるような、新リサイクルエネルギー展示館で、生き生きと帰ってくると、巨大笠岩に刻まれた申得淸歌辭文學碑である「歷代轉理歌」に出会う。
「歷代轉理歌」は韓国文学史において、歌詞文学作品の夜明けとして再び光を浴び、憂国衷情として再認識されている。
盈德が生み出した人物、そして文学の本場、盈徳を示す貴重な価値を感じながら巨大な円形劇場のような風力発電団地のメインテーマに迫っていく。
風を利用した24基の風車と一緒に、巨大な団地に踏み込むような様々な感動の庭園、公園などが、それこそ盈徳のエネルギーと展示、文化と歴史、スポーツの総合芸術団地として全て調和し網羅され、生きている盈徳のすべてが合わさっている。
団地の入り口まで進むと、もう一つの強豪と風流の憂国衷情を加味した朝鮮最高の文人、孤山尹善道の気品漂う詩碑に出会う。
きつい上り坂が続いたブルーロード1コースも、今終わりへと向う。
下り坂を歩いて降りる。
東海の潮の香りを頼りに降りていく。
あ、風の巨大な花園を抜けると東海の海が近くに迎えに来た。
この風に乗って軽々と広い海の懐にそっとおりたい。
最後の高地であるヘマジ公園のランドマーク、チャンポマル灯台が目の前にゆらめく。
東海のさざ波も一緒だ。
風の道に沿って続いてきたがここにもう一つの壮大な眺めが広がっている。
今度は海に向かって走りだす、よく手入れされた迷路公園のようだ。
敢えて言いたい。
盈德でブルーロードをたどらずに盈德を知っている、真の盈德を語れるなどとうぬぼれぬようにと…
盈德のブルーロード、盈德の全てをつなぎ合わせる盈德の道、私の魂の道を歩んだ。
海を夢見る山道であり光と風の道、ブルーロード ナンバーワン





フォト