컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

槐市里(グェシリ)伝統の村

ホーム
>観光名所
>体験場
>槐市里(グェシリ)伝統の村

槐市里(グェシリ)伝統の村

관광명소 메인이미지

  • 槐市里(グェシリ)伝統の村 簡単紹介
槐市里(グェシリ)伝統の村

休日

区分

Z002

お問い合わせ

所在地

- 寧海(ヨンへ)面)槐市(グェシ)里

座席数

営業時間

~

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

の概要

盈徳(ヨンドク)の北にある寧海(ヨンへ)面の所在地から東北に1㎞行くと高麗末の大学者ユである牧隐(モクウン)李穑(イセク)の生誕の地であり、朝鮮時代の伝統家屋で構成古色蒼然とした栄養ナムシ集成村な槐市(グェシ)伝統的な村が姿を現す。村は東海に流れ込む松川(ソンチョン)の周りに沼が多く、村の北に濠池(ホジ)があり、濠池村(ホジチョン)と呼ぶが、牧隐(モクウン)先生(1328〜1396年)は、文長として元(ウォン)国で名を馳せて、故国に帰りに立ち寄った中国の欧阳博士坊(グヤンバクサバン)のグェシマウルが自分が生まれた濠池(ホジ)村が視野が広く、美しい風景が似ていて、帰国後槐市(グェシ)と固定されていたと伝える。


高麗末に咸昌(ハムチャン)、金氏(キムシ)、牧隐(モクウン)先生の母の実家であり、先生の外祖母は栄養(ヨンヤン)南氏(ナムシ)が最初に入居して以来、朝鮮の明宗(1545-1567)年間には、遂安(スアン)金氏(キムシ)、寧海(ヨンヘ)申氏(シンシ)、新安(シンアン)朱氏(ジュシ)などが居住している途中、仁祖8年(1630年)から英陽(ヨンヤン)南氏(ナムシ)が最初に定住した。その後、他姓は、徐々に他の場所に移住し、朝鮮中期以降は英陽(ヨンヤン)南氏(ナムシ)が集姓村(ジプソンチョン)をなして門閥を形成した。


村の前は東海岸の3大平野である油っこい寧海(ヨンヘ)平野が広がっており、南東の望日峰(マンイルボン)から伸び降りてくる山勢が町を入字の形に囲んでおり、これらの自然の地形に合わせて、ほとんどの旧宅が西南向に位置している。特に、町を横切る瓦土壁横町を中心に2〜3百余年になった"口"字形の構造の家屋が配置されており、嶺南(ヨンナム)班村(バンチョン)でも珍しい空間の姿を見せる。


槐市(グェシ)伝統村は朝鮮後期の嶺南地域の士大夫たちの住宅様式をそのまま大事に保管し、文化やマナーが立派に傳承されている。また、英陽(ヨンヤン)南氏(ナムシ)が(槐市派宗宅(グェシパジョンテク):慶尚北道民俗資料第75号)をはじめとする多数の文化財や伝統古宅、30号が残っており、祖先の生活の趣を垣間見ることができる伝統的な民俗村である。毎年、学者や学生、観光客がたくさん訪れてきて、隔年で村では、"牧隐(モクウン)文化祭"が開かれている。

利用情報

レストランの雰囲気 :
伴う固有の分類 :
駐車施設 :

付加情報
付加情報
ご予約 カードの使用 食品包装 喫煙可能 サービス料 トイレ
可能 不可能 可能 不可能 不可能 不可能