컨텐츠 바로가기

YD TOUR POTAL SITE

  • korean
  • english
  • chinese

盈徳(ヨンドク)花樹樓(ファスル)周辺

역사/문화 메인이미지

  • 盈徳(ヨンドク)花樹樓(ファスル)周辺 簡単紹介
盈徳(ヨンドク)花樹樓(ファスル)周辺

休日

区分

Z002

お問い合わせ

所在地

- 蒼水(チャンス)面 葛川(ガルチォン)里 6-1

座席数

営業時間

~

評価レビュー

☆

☆

☆

☆

☆

の概要

朝鮮の端宗(ダンジョン 在位1452〜1455)の外叔父である權自愼(グォンザシン)が世祖(在位1455〜1468)に災いにあってその息子の權策(グォンチェク)が流たくに来て余生を送った場所で建てられた年代は特定できていない。粛宗(スックゾング在位1674〜1720)の時、端宗が復位されると大峰(デボン)書院が建てられたが、高宗(在位1863〜1907)の時、興宣大院君の書院撤廃領に花樹樓(ファスル)と廳澗亭(チォングガンゾング)だけが残った。花樹樓(ファスル)は正面5間、側面2カーンの規模の中層の建物で純粋な住宅ではなく書院や廟を守る祭室機能として地域の民家の構造の特徴をよく備えている。また、花樹樓(ファスル)の付属建物である藁鵲穴家も比較的に構造や保存状態が良好で庶民の家屋の発達史の研究に重要な資料として花樹樓(ファスル)とともに文化財的な価値が十分だ。

利用情報

レストランの雰囲気 :
伴う固有の分類 :
駐車施設 :

付加情報
付加情報
ご予約 カードの使用 食品包装 喫煙可能 サービス料 トイレ
可能 不可能 可能 不可能 不可能 不可能